レンタルサーバーをレンタルする意義

ホームページを複数のパソコンからみれるようにする機能のことをウェブサーバーっていいます。

ホームページを複数のパソコンからみれるようにする機能のことをウェブサーバーっていいます。

このウェブサーバーをインターネット上で公開し、安定して運用するためには、
1)高価で高速な常時接続回線
2)高度なネットワーク知識
3)世界中からの不正なアクセスや攻撃から防御・回避する知識技術
4)1日24時間年間365日の間、1秒足りとも休まず運営する体制

などが必要になってくるんです。

そうなると、1企業や1個人レベルでウェブサーバーを運営するのは大変なので、サーバーをレンタルする事業として、レンタルサーバーがあるわけなんです。

レンタルサーバーあれば、レンタルサーバー事業者側が機器や回線、管理者を用意し、1台のサーバを複数の利用者で共有することで少ない費用負担でホームページの公開等が行うことが出来るのです。

例えばの例として、上記(1)〜(4)のために1台のサーバーで毎月35万円のコストがかかるとします。

それを100人のユーザーが分割・共有してレンタルすれば、一人当たり3,500円でインターネット上にホームページを公開するウェブサーバーを利用することができるわけです。

基礎知識関連記事

ページトップへ↑