ドメイン名を決めるポイント

ドメイン名を決めるのって難しそうですが、いくつかポイントを押さえれば、いいドメインが思いつくかも?です^^

【ホームページのテーマとフィットしているか?】
ありがちなのが、会社名やショップ名を基準にドメイン名を決めることです。取得したご本人はそれで満足かもしれませんが、アクセスされたユーザーにとっては、「覚えやすい」「わかりやすい」「インパクト」があるドメイン名のほうが記憶に残る確率が高いかも知れませんね。

例えば会社名が、高橋商事で、ネットで健康食品を販売されるのなら、
takahashi-shouji.co.jp
よりも、
healthshop.jp
のほうが覚えやすくて、印象にも残り易いですよね?

※例えがしょぼくてすいません^^;


【日本語が使えないのを逆手に取る】
アメリカ生まれのコンピューター、インターネットなので、ドメイン名にも日本語が使えません。でも対象とするユーザーが日本人なら、アルファベットをローマ字読みでとらえてドメイン名を決めるというのはどうでしょう?

例えば会社名は、加藤印章販売で、ネットで印鑑類を販売されるのなら、
hanko-ya.com(ハンコ屋ドットコム)
e-inkan.net(良い印鑑ネット)


【商材やテーマが多岐に渡るときは?】
健康商品を取扱っているが、商品カテゴリ毎にホームページを構築していきたい場合など。このような場合は、独自ドメインとサブドメインを組み合わせて利用するというのはいかがでしょう?

例えば、健康食品なので、独自ドメインは、
healthshop.jp
とする。

そして今ブームになっている寒天商品専門のホームページ用には、
サブドメインとして、
kanten.healthshop.jp
とする。

また、コエンザイム10専門のホームページ用には、
サブドメインとして、
koenzaimu.healthshop.jp
とする。

こんな感じです。


※通常、使用できるドメインはレンタルサーバーの契約1つに対して1つですが、1つのレンタルサーバー契約で複数のドメインをセットできるレンタルサーバーがあります。このことを通称マルチドメイン対応といいます。
※管理人が使用しているXserver(エックスサーバー)は、このマルチドメイン対応で、しかもサブドメインについては、無制限に作れてしかも追加料金はかかりません!サブドメインをフル活用されたいかたには超おすすめです。

申込み前の準備関連記事

ページトップへ↑