ネットショップで商品販売

ネットショップをオープンして、商品販売をされたいときはショッピングカートプログラムが必要になりますね。

お客様が画面上で商品を選んで、数量を決め、送付先を入力し、支払方法を選んで注文ボタンを押す(データ送信)。ショップには注文がメールで届き、お客様には注文控えメールが届く。

これら一連の動作をサーバー上で行うためのプログラムのことをショッピングカート(買い物カゴ)と呼んでいます。

このショッピングカート(買い物カゴ)プログラムを一からオリジナルで作るとなると大変なコストが掛かります。

現在では、このショッピングカートプログラムをあらかじめ装備したレンタルサーバーも増えてきているんです。

レンタルサーバー事業者によっては有料オプションの場合と、無料で使えるところもあります。

また、既にレンタルサーバーをご利用のかたでも使えるように、ショッピングカート機能のみをレンタルしている専門業者も増えてきています。
※ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダー)といいます。
※ショッピングカートASPを使用すれば、ホームページを公開するレンタルサーバーはどこでも使用できます。

活用例関連記事

ページトップへ↑