MovableType

ムーバブル・タイプと呼びます。日本で一番メジャーなブログ作成ツールです。

略して「MT」と記載されているウェブサイトが多いです。

ホームページビルダーや、ドリームウィーバーといったソフトは、マイコンピューターにインストールして使いますが、MovableTypeは、レンタルサーバーを借りて、そこにインストールして使用するホームページ作成・更新ソフトウェアです。

サーバー(レンタルサーバー)にインストールして使用するということで、「サーバーインストール型」のソフトウェアと分類されます。

ホームページビルダーや、ドリームウィーバーといったソフトと違う大きなポイントは、サーバー(レンタルサーバー)へのインストール作業が完了すれば、すぐにホームページ公開、そして簡単に記事を追加し始めることができるところです。

インストール作業を行うことで、ホームページの骨格づくり(ページデザインやメニュー)も同時に行われるため、その時点でホームページの体裁はできているという感じです。(未だ記事が空のホームページができている状態になります。)

あとは、ホームページの言語であるhtmlといった難しいことを意識することなく、ワープロで文章を書く感覚で記事を書き、登録ボタンをクリックすれば、新しいページが作成されます。

また、ホームページの骨格をテンプレートとしてMovableTypeに内臓されているのですが、そのテンプレートが検索エンジンにも理解されやすい形になっているので、専門的な知識不要でそのままで「検索エンジン対策」にもなるという、ホームページ作成初心者にもとてもうれしいソフトウェアです。

MovableTypeをインストールするには、ご利用のレンタルサーバーで以下のような環境が必要になります。

    (動作環境)
  • Perlバージョン5.004_05以降 (バージョン5.6.1以降を推奨)
  • データベース・システム(Berkeley DB、MySQL、PostgreSQL、SQLite)

管理人の経験からしますと、プログラミング言語のphp(ピー・エイチ・ピー)と、データベースプログラムのMySQLが装備されているほうが、安定性・信頼性・メンテナンス制(レンタルサーバー移転、データのバックアップ等)に優れていると思います。

用語集関連記事

ページトップへ↑