メール関連その4

レンタルサーバーで使える機能、その2は、メール関連機能について。

ウェブでメールチェックやメール送信

ウェブメールと呼ばれる機能を使うと、IE(インターネット・エクスプローラー)などのホームページを閲覧するソフトで、メールの受信や送信などを行えます。

通常、メールの送受信というと、WindowsPCならプリインストールされている、Outlook Express(アウトルック・エクスプレス)などのメーラー(メールソフト)を使われてみえると思います。

この場合、メールアカウントを設定してある事務所や自宅のPCでしか、メールの送受信を行うことができません。

ところが、ウェブメール機能を使えるレンタルサーバーであれば、ご利用のレンタルサーバーで発行した独自ドメインのメールについては、インターネットにつながっているPCであればどれでも、メールの送受信が行うことが可能です。

所定のURLにアクセスするし、予め設定してあるIDとパスワードで、ウェブメール機能の画面にログインできるといったかたちになっています。

外出中などで、ちょっと急ぎでメールチェックしたい、メール届いていたら返信したいといった場合などに便利な機能です。

※インターネットカフェや、客先のPCなどでもウェブメール機能を使うことが可能なわけですが、IDとパスワードの履歴が残らないようご注意ください。

携帯電話ブラウザにも対応しているものも

レンタルサーバー事業者によりますが、携帯電話の小さなブラウザ画面にも対応しているウェブメール機能を提供しているところもあります。

基礎知識関連記事

ページトップへ↑