whois情報保護

ドメインを取得すると、その取得者や連絡先などについて誰でもネット上から確認できるサービスがあります。それがwhois(フー・イズ)

whoisはドメイン登録者情報開示システム

ドメイン取得時にはその取得者(登録者)に関すること(取得者名、所在地、連絡先電話番号、メールアドレス等)を記載して申請します。

ドメイン名に関する国際管理機関ICANNより、ドメイン取得者に関する情報を開示するということが義務付けられていて、それをネット上で誰でも閲覧できるシステムがwhois(whois)というサービスです。

このドメインはどこが取得しているのだろうか?できれば譲って欲しいなんてときや、どうもこのドメインのメールが迷惑メールの発信源になっているようだなんてとき、このwhoisを使って相手とコンタクトする手がかりになるわけです。

でもできれば開示したくない

取得する名義が法人などであればそんなに気にすることも無いと思いますが、今は個人が気軽にドメインを取得する時代。

でもwhoisにメールアドレスや個人情報を掲載すると、それを悪用されたりするかもしれないから怖い。そんなニーズに応えるのが、whois情報保護です。

ドメイン取得代理店ではそのようなサービスを行っているところが結構有ります。

レンタルサーバー比較ナビ、管理人千代ビットも、複数ドメインを取得していますが、ムームードメインというところで一括管理しています。

そのムームードメインでも、whois情報保護サービスを行っており、私の取得したドメインについて、whoisで検索しても、私の名前などは出ずに、コンタクト先としては、そのムームードメインの情報が表示されるだけです。

用語集関連記事

ページトップへ↑