上位表示に悩むよりも・・その(2)

あなたのホームページに訪問したユーザーにいかに注文、あるいは問合せをしてもらえるように、ページ、あるいはホームページ全体(サイト)を作りこんでおくか。

売れるホームページになっているか、それを今すぐ検証できるのが、PPC広告です

PPC広告(オーバーチュア)とは、

  • ※Yahooで検索されるキーワードに連動して表示される。
  • ※そのキーワードを入札して広告単価が決まる。
  • ※広告がクリックされ、あなたのホームページに訪問された時だけ支払えば良いクリック課金型広告。
  • ※あなたの広告が表示されるだけでは課金されない。

PPC広告掲載例

PPC広告が良いところはいくつか有りますが、

1.キーワード連動広告なので、濃いユーザーだけを集客できるという点。
あなたのネットショップがギフト雑貨の販売で、かつ、今売れ筋の商品が、○○ベアだったします。そうしたら、「○○ベア 格安」というキーワードで広告を出稿したらどうでしょう?「○○ベア」が欲しくて、お値打ちなら買いたい」というユーザーがクリックしてあなたのホームページに訪問します。そういう「購買」に結びつく、濃いアクセスが期待できます。
2.広告単価が格安
1クリック最低35円(キーワードによっては9円)から出稿できる。ただし、同じキーワードでライバルが少なければの話ですが。それでも、効果がよくわからない雑誌広告などに毎月定額で数十万円払うよりも、濃いアクセスが見込めるという視点でみるとその費用対効果はどうでしょう?

PPC広告を使えば、売れるページになっているか検証できる!

ネットショップ立上げ時の未だ、検索エンジンからの集客が全く見込めない時期にやっておくべきことは、いかに、ユーザーが注文してくれるようなページ作り、サイト構成にしておくかです。

PPC広告を使って、濃いアクセスユーザー(見込み客)を集客できた。

しかし、あなたのホームページではお値打ち価格で○○ベアを販売しているのに、注文・問合せに結びつかない、のであれば、それはあなたのホームページに問題がある可能性大ですよね?

アクセス解析で、あなたのホームページ内での移動の推移などから問題点を炙り出して、適時修正していく。そして、ここをこんな風に改良すると良いのでは?と予測し手直しする。そして結果をまた検証する。これを繰返すわけです。

これをしておけば、検索エンジン結果上位表示される数ヵ月後に、あなたのネットショップでの売上はどうなっているでしょう?

売れるページ、売れるサイト構成になっているから、勿論、売れます。とても売れるでしょう。

こんな風に、PPC広告を使ってはいかがでしょうか?

また、もし、あなたのネットショップにふさわしいキーワードが、幸運なことに、ライバルが少なく、単価が安くて、利益を割り込まなかったら、続けてそのキーワード広告を出し続けても良いですよね?

例えば○○ベアが1個売れるごとに、1万円の粗利があるとします。 それにふさわしいキーワード広告のクリック単価が、120円だっとします。

それで、あなたのネットショップの該当ページを、売れるページに修正・検証・修正を繰返して、20人に一人が注文してくれるようになったとすると利益は・・・

10,000円-(120円×20人)=7,600円です。

これならその他の諸経費を差し引いてもいけるかもですね!

Yahooに掲載されるPPC広告は、オーバーチュアです。

今のところ、オーバーチュアはキャンペーンで、3,000円分無料でキーワード連動広告を出稿することができます。(ホームページ検証のためにはもうチョッとプラスすることが必要かもしれません)

とりあえず無料分を使って広告を出して、あなたのホームページでの成約率をチェックする。

また、1日あたり○○円と、予算を決めておけるので、それ以上費用が掛かってしまうという心配もありません。(予算機能が使えるのは、クレジットカード払いのみです)

まず、成約率を高めるよう、ホームページの検証・修正を繰返して、それからガンガンと、検索結果上位表示等々のアクセスアップ(集客)をはかる。

こういう順序にしていけば、無駄な手間・費用・時間を省くことができると思います。

ホームページ作成関連記事

ページトップへ↑