ウェブデザイナーの意見や要望が採用されたCPi

レンタルサーバーのCPIは、ウェブデザイナーやウェブ制作会社から高い評価を得て人気のレンタルサーバーです。レンタルサーバーCPIでは今回、共用サーバープランのリニューアルをされていますが、ウェブデザイナーやウェブサイト制作会社からの意見や要望のヒアリングを行い、それら意見や要望を元に新しい機能が追加されています。

レンタルサーバーCPI

サーバーのバックアップ機能が熱望されていました

ウェブデザイナーや、ウェブサイト制作会社にとって、クライアントのウェブサイトのデータバックアップを簡単に行えないか、自動化できないか?という要望が多かったそうです。

たしかに、クライアントのウェブサイトの定期的なバックアップは、必須項目であり、しかし、多くのクライアントを持つ、ウェブデザイナーやウェブサイト制作会社にとっては手間のかかる作業のひとつです。

そこで、レンタルサーバーCPIでは、この問題・悩みに応えるべく、サーバー側で自動的にデータバックアップする機能を新たに装備されました。このデータバックアップ機能は、レンタルサーバー利用者がコントロールできる領域に作成されるので、レンタルサーバー管理者となる、ウェブデザイナーやウェブサイト制作会社にとっては扱い易いものになっています。

また、7日間までさかのぼって、任意の日のものをリストア(復元)できるので、万が一のトラブルにも、再アップロードするだけで対応することが可能となっています。

  • バックアップサービスは有料オプション
  • 現在キャンペーン中で今なら半額

クライアントとの大容量ファイルのやりとりに

企業やショップのウェブサイトを制作するときのコンテンツデータや参考資料のデータのやり取りで、大容量なデータの場合、メール添付では対応できないときがあります。

インターネットプロバイダによっては、メールの添付ファイルの容量を2メガバイトくらいに設定されていて、難儀するときもままありますよね^^;

そのような時に威力をはっきするのが、レンタルサーバーCPIの新しい機能、Get a fileという大容量データ転送機能です。これは、ASPサービスのファイル宅配便のようなもので、大容量ファイルをGet afileサーバーに保管でき、送信相手にパスワードを付したメールが届けられ、送信相手は都合の良いときにそのデータをGet a fileサーバーからダウンロードができる機能です。

  • データはSSLにより暗号化される
  • 送信先をアドレス帳に登録し、一般的なメールソフト感覚で操作性も良い
  • 一度に最大で、10ファイルを10人へ送信可能

携帯サイト作成の提案も

若い世代ではPCよりも携帯でインターネットにアクセスする人が圧倒的に多く、これから携帯サイトの需要はより高まっていくことは間違いありません。

ウェブデザイナーやウェブ制作会社にも、企業などから携帯サイトも合わせてというニーズが多いのが現状です。

レンタルサーバーCPIではこうしたニーズに応えるために、携帯サイトをブラウザから簡単に構築できるCMSツール、モバインをリリースされます(2007年年末予定)。

しかもこの携帯サイトCMSツールでは、

  • 3キャリア対応の携帯サイトが専門知識なく簡単に構築できる
  • QRコード生成機能も装備され、QRコードからの空メール会員登録に対応したメールマガジン機能
  • アクセスしてきた端末に応じて、PCサイト・携帯サイトへ自動的に振り分けを行って くれる機能
  • 各種フォーム作成(アンケート、問合せなど)

なども標準装備されており、携帯サイトについての専門知識がなくても、クライアントに高機能な携帯サイトを提供できるようになっています。

ウェブサイト制作のプレゼンにおいても、携帯サイトの企画提案をしっかりと打ち出せれるのは大きなアドバンテージですよね。

ウェブデザイナー、制作会社の要望を詰め込んだ80種もの厳選機能

  • クライアントとのデータの受け渡しをスムーズにする大容量ファイル転送サービス「Get a File」が全プラン標準装備
  • クライアントのサイトを解析して改善案が提案できる高機能アクセス解析ツール「Urchin」の提供
  • Movable TypeやXOOPSなどWEBデザイナーに人気のCMSがワンクリックで簡単インストール(データベースも標準機能なので、追加料金なしでMTが簡単に使えます)
  • 要望の高かった「バックアップサービス」と「SEO対策ツール」の提供

クライアントにも安心しておすすめできる信頼性

レンタルサーバーCPIは、1997年8月よりホスティング事業を開始したレンタルサーバーの老舗的存在で、KDDiグループの一員でもあります。

レンタルサーバーの選定についてもクライアント様に安心していただけることは重要なポイントですよね。

  • 国内データセンター(NTT コミュニケーションズビル)にサーバー設置
  • サーバー稼働率は99.9%
  • メールやサーバーの使用状況が簡単に把握できる管理画面「コントロールパネル」
  • サポートは電話(FTP、メール、サーバー移転)と、メールでのサポート。メールサポートは当日中(〜18:00)までのメールは当時中に回答。

→レンタルサーバーCPIで詳しく見る

ピックアップ関連記事