ホームページ改ざん対策対応のレンタルサーバー

大企業のホームページ改ざん事件が珍しくない昨今、企業やネットショップのホームページを運営されていらっしゃるなら、ホームページ改ざん対策は必須のセキュリティ管理のひとつといえるでしょう。

ガンブラー(Gumblar)と呼ばれるコンピューターウイルスやその亜種によって、企業のホームページが改ざんされたと2009年頃から事件報道されるようになりました。警視庁によると、被害を受け相談があったのは、JR東日本・京王電鉄・ハウス食品など。

その後も、ローソンや信越放送、モロゾフ、ラジオ関西でもガンブラーによるホームページ改ざんの被害が確認されています。

改ざんされるとどうなる?

一番大きな問題は、ホームページ改ざんをされた企業やネットショップへの信用信頼が失墜してしまう恐れがあることです。

  • Yahoo!やGoogle等の検索結果画面で危険なサイトと表示され企業やショップの信頼が失墜してしまいます
  • 改ざんされたホームページ内で入力されたユーザの個人情報を盗まれる場合もあります。
  • さらには、改ざんされたホームページが新たな感染源となってしまうことも。

レンタルサーバーでできるホームページの改ざん対策

ガンブラーウィルスによるホームページ改ざんの手口は、ウィルスに感染してしまったPCでFTP接続のIDとパスワードが盗まれ、管理者になりすました悪意の第三者によってホームページ(ウェブサイト)が書き換えられるというものです。

そのためお使いのPCがそれらウィルスに感染しないことが第一です。また利用するレンタルサーバーによってはそれら被害を最小限に食い止めることが可能です。

ホームページ改ざん対策には下記の機能があるレンタルサーバーを選びましょう。

  • FTPアクセス制限機能
  • WEB改ざん検知サービス
  • FTP接続の暗号化「FTP over SSL」

おススメのレンタルサーバーは

ウェブアリーナスイートX

なかでもお勧めなのが、
NTTPCが運営するレンタルサーバーのウェブアリーナスイートXです。
※NTTPC・・・NTTグループのNTTPCコミュニケーションズの子会社。累積実績数90,000件以上。


上記3つを備えているのはもちろんですが、WEB改ざん検知サービス(有料オプション)では、毎日1回ウェブ改ざん検知チェックを行いますが、万が一、ホームページが改ざんされてしまった場合でも、自動でメールで通知されるとともに、「即時に安全なメンテナンスページに切替」が行われるようになっているのです。

ご多忙の中、ホームページ運営管理に手が回らないときでも、改ざんされたページがそのままになってしまうことはこれで防げれます。

そのほかにも、

【高い信頼性】
堅牢なデータセンターと高いセキュリティで多くの評価を得、国内有数のポータルサイトや、ECサイト、金融証券会社をはじめとする数多くのサイトをハウジング
【国内最大級のバックボーン】
NTTPCならではの高度なネットワーク運用技術と安定して高速・大容量のネットワーク
【親切丁寧なテクニカルサポート】
フリーダイヤル電話・メールでの親切・丁寧なサポートには定評があります。なお電話サポートはフリーダイヤルで、9:30〜18:00(土日祝日・年末年始を除く)です。

容量別にプランが用意されていますが、最少容量のプランでもHD容量は30Gバイトもありますので、通常の企業サイトやネットショップであればまったく問題ない容量です。

以上のようなスペックで、安心と信頼の大手レンタルサーバーですが、利用料は月額1,980円〜と大変にリーズナブルです。

ドメイン取得とセットで申込みされますと、レンタルサーバーの初期費用(3,150円)と月額利用料1ヶ月分が無料となるうれしいサービスも。

NTTPC ウェブアリーナスイートX公式サイト

ピックアップ関連記事

ページトップへ↑