アイルが新サービス、安定稼動にアドバンテージ

レンタルサーバー運用での悩みである安定稼動に大きなアドバンテージを持ったサービスが
アイル
よりリリース。

ネットワーク回線、サーバー機器など、サーバー障害の要因となる可能性を持つコンポーネントを冗長化二重化する(複数台にする)ことで、障害発生リスクの低減(耐障害性の向上)やサーバーの安定稼働を実現するための技術を採用。

1)万が一、回線に障害が発生した場合も、別の回線に接続を切り替えることでサービスの利用が可能。

2)複数のサーバーで運用されるiクラスタでは、その中の1台に障害が発生した場合、自動的に処理を他のサーバーに振り分けます。さらにユーザーデータが保存されるハードディスクも二重化(RAID)により、障害の影響を受けない。

3)各ユーザーの負荷を常時システムが監視して、複数サーバーで分散処理を行います。負荷の高いユーザーは自動的に他のサーバーで処理が行われるため、安定した高速稼働が可能。


→アイル



【無料】「会社名.co.jp」取得できます

ブックマークに追加する

2005年関連記事

レンタルサーバー・ウォッチ

ページトップへ↑