業界標準のベリサイン社のセキュアサーバーIDが標準装備

通信データの漏洩が心配なインターネット、個人情報など重要なデータを安心して送信してもらうには、データの暗号化が欠かせません。

意外と知られていないのが、インターネットでのデータのやりとりは標準では暗号化などがされておらず、悪意の第三者に盗みみられる可能性があるんです。

そのため任意のサーバーからユーザー間までのデータの通信を暗号化して保護するしくみが有料のサービスとして提供されています。 SSL(セキュア・ソケット・レイヤー)と呼ばれるものです。また、そのSSL通信とともにサイト運営者の存在証明をおこなうのがセキュアサーバーIDです。


このサービスって通常、10万円超!もするんですが、レンタルサーバーのCPIが、このベリサインセキュア・サーバーIDが標準装備されたプランを発表。


    (レンタルサーバーCPI:シェアードプランG5概要)
  • ディスク容量:15GB

  • メールアカウント数:無制限

  • 月額費用:15,750円


より信頼性の高いサーバー証明書を検討の企業サイト向けレンタルサーバーをお探しのかたは要チェック。

ブックマークに追加する

2006年関連記事

レンタルサーバー・ウォッチ

ページトップへ↑